So-net無料ブログ作成

05-28 いすみ鉄道、小湊鐵道 [ニコンカレッジ]

5月28日、ニコンカレッジの撮影実習で、いすみ鉄道、小湊鐵道へ行って来ました。
テーマは、『風景写真と鉄道のある風景』で、講師は金子美智子さんです。

周りの山々の新緑が濃くなり、田植えの済んだ田圃が広がる中で、ローカル鉄道を撮りました。


いすみ鉄道

上り58D・上総中川~国吉
↑↑ 上り58D・上総中川~国吉 ↑↑


下り61D・大多喜~小谷松
↑↑ 下り61D・大多喜~小谷松 ↑↑


上り62D・大多喜~小谷松
↑↑ 上り62D・大多喜~小谷松 ↑↑


下り63D・大多喜~小谷松
↑↑ 下り63D・大多喜~小谷松 ↑↑


上り64D・西畑~総元
↑↑ 上り64D・西畑~総元 ↑↑



小湊鐵道

下り505A・月崎~上総大久保
↑↑ 下り505A・月崎~上総大久保 ↑↑


上り506A・月崎~上総大久保
↑↑ 上り506A・月崎~上総大久保 ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

05-24 高尾山 [高尾山]

5月24日、高尾山でセッコクが咲いたとの情報を得て、高尾山へ行ってきました。

ケーブルカー乗り場前の広場で準備をしていると、幼稚園児の集団が6号路の方へ向かって行きました。
6号路の入り口を少し過ぎた当りで幼稚園児を追い抜き、セッコクを目指して歩きます。
セッコクを始め色々なお花の写真を撮り、途中から稲荷山コースへ逸れ、長い階段を登って頂上です。
霞が広がり展望はありませんでしたが、微かに雪の残る富士山が見えました。

下山を始めた時、6号路の方から幼稚園児が上がって来ました。


ジャケツイバラ【マメ科】
↑↑ ジャケツイバラ【マメ科】 ↑↑


フタリシズカ【センリョウ科】
↑↑ フタリシズカ【センリョウ科】 ↑↑


ツツジ【ツツジ科】
↑↑ ツツジ【ツツジ科】 ↑↑


モミジ【カエデ科】
↑↑ モミジ【カエデ科】 ↑↑
一部の葉だけが赤くなっていました。


セッコク【ラン科】

セッコク【ラン科】

セッコク【ラン科】

セッコク【ラン科】

セッコク【ラン科】
↑↑ セッコク【ラン科】 ↑↑


Nikon 1 V3
マウントアダプター FT1
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

05-22 秩父札所巡り・31番 [散歩、旅行]

5月22日、秩父札所の31番へ行って来ました。

両神村の薬師の湯までバスで行き、そこから31番札所を目指しました。
雲が一つも無い快晴で、暑くなることを覚悟しましたが、日陰に入るとそれ程でもなく、風があったので何とか歩き通せました。


秩父札所31番・観音院

仁王門
↑↑ 仁王門 ↑↑
石で出来ている仁王像としては、日本一の大きさ。ここから296段の階段を登ります。


本堂
↑↑ 本堂 ↑↑
登り切った所の岸壁の窪みに建っています。左側に池が在り、上から滝の水が落ちています。


奥の院の岩窟
↑↑ 奥の院の岩窟 ↑↑
さらに登った奥の院、37体の石仏が祀られています。



季節の移ろい

ヘビイチゴ
↑↑ ヘビイチゴ ↑↑
札所巡りを始めた時は、花が咲いていましたが、既に実になっていました。


新緑
↑↑ 新緑 ↑↑
陽を受けて、モミジの若葉が輝いていました。


アジサイ
↑↑ アジサイ ↑↑
階段の両脇に植えられているアジサイ。既に花が咲いている株があります。


ツバメ
↑↑ ツバメ ↑↑
両神村の農産物直売所の軒先に巣を作っているペアの片方。


Nikon 1 V2
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

05-18,19 尾瀬ヶ原の花 [尾瀬]

今回の尾瀬ヶ原で見掛けたお花達です。

ツクバネソウ オオカメノキ
ツクバネソウ オオカメノキ
.
エンレイソウ シラネアオイ
エンレイソウ シラネアオイ
.
アズマシャクナゲ ミネザクラ
アズマシャクナゲ ミネザクラ
.
リュウキンカ タテヤマリンドウ
リュウキンカ タテヤマリンドウ
.
ヒメシャクナゲ ショウジョウバカマ
ヒメシャクナゲ ショウジョウバカマ
.
ワタスゲ キジムシロ
ワタスゲ キジムシロ
.
ニリンソウ オオタチツボスミレ
ニリンソウ オオタチツボスミレ
.
ミズバショウ オオバキスミレ
ミズバショウ オオバキスミレ
.
ミヤマカタバミ ムラサキヤシオ
ミヤマカタバミ ムラサキヤシオ
.
トガクシショウマ トガクシショウマ
トガクシショウマ
.
Nikon D4
Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70~180mm F4.5~F5.6D
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

05-19 尾瀬ヶ原 [尾瀬]

5月19日に撮った写真です。

前日同様、この日の朝も霜が降りました。 手袋の準備を忘れてしまい、ポケットの中で手を温めていました。
霧が出ていたので、白虹を期待しましたが、陽が昇る頃には消えてしまいました。
写したかった花の写真を撮り、鳩待峠へ向かいました。


朝景

【03:38】 薄明に残る火星
↑↑ 【03:38】 薄明に残る火星 ↑↑
手前の池塘に、火星が映り込んでいました。


【03:44】 燧ケ岳のシルエット
↑↑ 【03:44】 燧ケ岳のシルエット ↑↑
東の空が明るくなり始め、黒い燧ケ岳が浮んで来ました、。


【04:05】 霞む至仏山
↑↑ 【04:05】 霞む至仏山 ↑↑
朝霧が段々濃くなって来ました。


【04:11】 朝焼け
↑↑ 【04:11】 朝焼け ↑↑
雲が無いので、少ししか焼けませんでした。


【05:16】 日の出
↑↑ 【05:16】 日の出 ↑↑
燧ケ岳の右肩から、太陽が姿を現しました。


【05:23】 氷り付くワタスゲ
↑↑ 【05:23】 氷り付くワタスゲ ↑↑
0℃以下に冷えた綿毛に空気中の水蒸気が昇華して、毬栗坊主の様になりました。



日中

【06:51】 下田代の山小屋群
↑↑ 【06:51】 下田代の山小屋群 ↑↑
燧ケ岳の麓に、六軒の山小屋が集まっています。


【06:52】 拠水林と至仏山
↑↑ 【06:52】 拠水林と至仏山 ↑↑
下田代の木道が別れている場所の水溜りに、至仏山が映るのは春先だけです。


【07:06】 逆光のミズバショウ
↑↑ 【07:06】 逆光のミズバショウ ↑↑
太陽が当たり白い苞が輝いていました。


【10:40】 景鶴山
↑↑ 【10:40】 景鶴山 ↑↑
若葉の芽吹いた木々が山麓を飾っています。


【10:53】 白樺の新緑
↑↑ 【10:53】 白樺の新緑 ↑↑
三又近くの池塘脇に一本だけ立っています。


【13:08】 節分草
↑↑ 【13:08】 小至仏と至仏山 ↑↑
鳩待峠への登山道からの眺め。 本当に雪が少ない!


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

05-18 尾瀬ヶ原 [尾瀬]

5月18日に撮った風景写真です。

10時過ぎに鳩待峠へ到着しました。今年から、業務用の車を除いた全ての車は、新しくなった駐車場までしか入る事が出来なくなりました。
上空には雲が一つも無く、夕方まで快晴が続きました。
今年の冬は積雪が少なく、雪解けが早かった影響で、尾瀬も花の季節が早く始まりました。
ミズバショウは、2週間以上速くピークを迎え、花によってはそれ以上速いように感じました。
ワタスゲは、白い綿毛となっている個体もあり、6月上旬にはピークを迎えそうです。


日中

コバイケイソウ at テンマ沢
↑↑ コバイケイソウ at テンマ沢 ↑↑
いつもより数が多い様に思われます。


至仏山 from 見本園
↑↑ 至仏山 from 見本園 ↑↑
今年の残雪が少ないのを実感します。


至仏山 from ビューポイント
↑↑ 至仏山 from ビューポイント ↑↑
14日と比べると、水芭蕉は残念な状態です。


アヤメ平 from 竜宮十字路
↑↑ アヤメ平 from 竜宮十字路 ↑↑
青空、新緑、白い幹、まだ早春の尾瀬です。



夕方

沈む夕陽
↑↑ 沈む夕陽 ↑↑
今の時期、八海山に沈みます。


夕陽に照らされる燧ケ岳
↑↑ 夕陽に照らされる燧ケ岳 ↑↑
岳樺の白い幹が良く目立ちます。


チューリップ畑
↑↑ 青空に浮ぶ月 ↑↑
快晴の青空に、月齢11の月がポッカリと浮んでいました。


チューリップ畑
↑↑ 夕焼けの至仏山 ↑↑
まだ地平線の上にある太陽が、周りの山々を照らしています。


チューリップ畑
↑↑ 今日の夕焼け ↑↑
雲が全く無いので、太陽の周辺だけが色付きました。



夜間

月光に浮ぶ残雪
↑↑ 月光に浮ぶ残雪 ↑↑
画面中央の白点は、鹿調査のセンサーライトです。


山小屋の灯
↑↑ 山小屋の灯 ↑↑
明るい星は、こと座のベガです。


南東の空
↑↑ 南東の空 ↑↑
さそり座の中にひと際明るく接近中の火星が輝いていました。


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
Ai AF Zoom Micro Nikkor ED 70~180mm F4.5~F5.6D

nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

05-18,19 尾瀬ヶ原 [尾瀬]

5月18、19日、今年初めて尾瀬へ行って来ました。

今年の尾瀬は雪が少なかった影響で、季節の進行が速いようです。
登山道の状況を見ても、お花の咲き具合も速く、雪解け水で湖状態【尾瀬湖】の上田代であるはずが枯れ草色、等々、いつもと違う尾瀬を実感しました。

5月18日の朝、霜が降りたとのことで、見本園のミズバショウは薄茶色に変わり始めていました。
下の大堀のビューポイントのミズバショウは、『14日のてばまるさんの写真』と比べて、見る影もありませんでした。
雲一つ無い快晴で陽射しは強いのですが、風があり暑くは感じませんでした。

5月19日、朝焼けを撮ろうと待っていると、4時頃、周りの枯れた草が白くなり、霜が降りてきました。
今日も雲一つ無い快晴です。しかし前日と違い気温が高めで、休憩毎に水を補給し結局ペットボトル4本分を飲みました。

撮った写真は、18、19日の風景編、お花編の三回に分けてアップします。



共通テーマ:日記・雑感

05-14 工場夜景 [ニコンカレッジ]

5月14日、ニコンカレッジの撮影実習で、川崎の工場地帯へ行って来ました。

テーマは、『ズバリ!工場夜景!』で、講師は藤村大介さんです。
川崎の工場夜景では有名な二つの撮影ポイントをバスで巡ります。


千鳥町

日没前の工場
↑↑ 日没前の工場-WB:曇天 ↑↑


陽が落ちて空が焼けて来ます
↑↑ 陽が落ちて空が焼けて来ます-WB:曇天 ↑↑


夕焼けが映える
↑↑ 夕焼けが映える-WB:曇天 ↑↑


宵闇(トワイライト)が始まる
↑↑ 宵闇(トワイライト)が始まる-WB:晴天 ↑↑


照明が目立ち始めます
↑↑ 照明が目立ち始めます-WB:晴天 ↑↑


パイプジャングル
↑↑ パイプジャングル-WB:4870K ↑↑


引込み線
↑↑ 引込み線-WB:4870K ↑↑


プラントの息吹
↑↑ プラントの息吹-WB:4870K ↑↑


メタリックの美
↑↑ メタリックの美-WB:4870K ↑↑


眠らずに働く
↑↑ 眠らずに働く-WB:白色蛍光灯 ↑↑



浮島町

石油プラント
↑↑ WB:電球 ↑↑

石油プラント
↑↑ WB:晴天 ↑↑

石油プラント
↑↑ 石油プラント-WB:4870K ↑↑


階段
↑↑ モノクロ ↑↑

階段
↑↑ WB:高色温度の水銀灯 ↑↑

階段
↑↑ 階段-WB:オート1 ↑↑


鈍いメタリックの輝き
↑↑ WB:4870K ↑↑

鈍いメタリックの輝き
↑↑ 鈍いメタリックの輝き-WB:オート2 ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

05-12 富士五湖 [ニコンカレッジ]

5月12日、ニコンカレッジの撮影実習で、富士五湖方面へ行って来ました。

テーマは、『大自然で撮る春の花風景』で、講師は梶山博明さんです。


山中湖・花の都公園
最盛期は過ぎていましたが、チューリップが咲いていました。

チューリップ畑


チューリップ畑


チューリップ畑
↑↑ 咲いていたチューリップと雪の残る富士山 ↑↑



西湖・いやしの里・根場(ねんば)
精進湖で八重桜を撮る予定でしたが、終わっていると言うことで変更になりました。

茅葺屋根


茅葺屋根


茅葺屋根
↑↑ 茅葺屋根の移築民家と富士山 ↑↑



河口湖・大石公園
花壇の花は終了していて、刈り取られていました。

水が入った田圃の逆さ富士
↑↑ 水が入った田圃の逆さ富士 ↑↑


夕日射す鵜の島
↑↑ 夕日射す鵜の島 ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

05-06 秩父札所巡り・32、33番 [散歩、旅行]

5月6日、秩父札所の32、33番を巡って来ました。

小鹿野市内から大日峠を越えて、32番札所へ向かいます。
薄曇の天気で暑さはそれ程ではなく、峠を目指して新緑の山道を登ります。

32番から33番へは、畑や雑木林が広がる中、舗装道路を歩きます。


秩父札所32番・法性寺

大日峠
↑↑ 大日峠・展望が無い峠ですが、新緑の中、仏様が鎮座しています。 ↑↑


山門
↑↑ 山門・奥に見える階段を登った所に本堂があります。 ↑↑



秩父札所33番・菊水寺

ようばけ
↑↑ ようばけ・陽の当る崖という意味だそうです。高さ100m、幅400m。 ↑↑


本堂
↑↑ 本堂・この頃から雨がパラパラと降ってきました。 ↑↑


暑くならない内に、残りの札所、31番、34番を巡る予定です。

Nikon 1 V2
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

Nikon D4
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

05-02 秩父札所巡り・23~27番 [散歩、旅行]

5月2日、秩父札所の23~27番を巡って来ました。

今回は、琴平ハイキングコースと長尾根丘陵コースを含めて、6時間ほど歩きました。
残りは4札所になりましたが、各々はロングコースです。


秩父札所26番・円融寺

本堂
↑↑ 本堂 ↑↑


ボタン
↑↑ ボタン・境内の至る所に咲いていました。 ↑↑



秩父札所26番・岩井堂
上り口は、昭和電工の工場の敷地内にあり、守衛さんに断って入ります。

石の階段
↑↑ 石の階段・300段以上あり、上に行くほど急になります ↑↑


岩井堂
↑↑ 岩井堂 ↑↑



秩父札所27番・大淵寺

ジュウニヒトエ
↑↑ ジュウニヒトエ・尾根道に点在していました ↑↑


山門と護国観音
↑↑ 山門と護国観音・関東三観音の一つ ↑↑



秩父札所25番・久昌寺

観音堂
↑↑ 観音堂・周りにシャガがいっぱい咲いていました ↑↑


睡蓮
↑↑ 睡蓮・枯れた茎は古代蓮 ↑↑



秩父札所24番・法泉寺
このお寺も、階段を117段登りました。その分、見晴らしが良かった。

桐の大木
↑↑ 桐の大木・ひと際目立っていました ↑↑


鯉のぼり
↑↑ 鯉のぼり・青空でないのが残念です ↑↑



秩父札所23番・音楽寺
秩父ミューズパークの中にあります。

十三地蔵
↑↑ 十三地蔵・被り物が赤くないのはなぜ? ↑↑


本堂、秩父市街を見下ろす
↑↑ 本堂、秩父市街を見下ろす・微かに見えるのは武甲山 ↑↑


Nikon 1 V2
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6

Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。