So-net無料ブログ作成
検索選択

10-31 秩父鉄道 [ニコンカレッジ]

10月31日、ニコンカレッジの撮影実習で、秩父鉄道・明戸、上長瀞~親鼻へ行って来ました。
テーマは、『鉄道の魅力に迫る!』で、講師は鉄道写真家・助川康史さんです。

今回は、SL(ハロウィンエクスプレス)の追っ駆け撮影です。


明戸駅付近

【09:24】下り・普通列車
↑↑ 【09:24】下り・普通列車 ↑↑
少し望遠過ぎました。


【10:01】下り・急行列車
↑↑ 【10:01】下り・急行列車 ↑↑


【10:17】下り・普通列車
↑↑ 【10:17】下り・普通列車 ↑↑


【10:30】下り・SL急行列車
↑↑ 【10:30】下り・SL急行列車 ↑↑
ようやくやって来ました。


【10:30】下り・SL急行列車
↑↑ 【10:30】下り・SL急行列車 ↑↑


SL通過後、直の普通列車に乗り、SLを追いかけます。
寄居駅で追い越して、上長瀞駅で下車します。
撮影ポイントの荒川河川敷まで歩いて15分程、慌しく撮影の準備をします。
待つこと、数分でSLが鉄橋を渡りました。



上長瀞~親鼻

【11:43】下り・SL急行列車
↑↑ 【11:43】下り・SL急行列車 ↑↑


【11:55】上り・急行列車
↑↑ 【11:55】上り・急行列車 ↑↑


【11:57】下り・普通列車
↑↑ 【11:57】下り・普通列車 ↑↑


【12:26】上り・貨物列車
↑↑ 【12:26】上り・貨物列車 ↑↑


【12:47】下り・普通列車
↑↑ 【12:47】下り・普通列車 ↑↑


一番紅葉が進んでいた木です。
↑↑ 一番紅葉が進んでいた木です。 ↑↑


今日はハローウィーン
↑↑ 今日はハロウィン ↑↑
ライン下りの船の合間を縫って、仮装した人が乗ったゴムボートが下って行きました。


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED

nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

10-26 上高地 [撮影旅行]

月明かりの無い時間に撮影しようと、3時過ぎに起床しました。
湖畔に出ると満天の星空です。
5時になると釜トンネルを抜けてきた車のヘッドライトの灯りで、星の撮影はお終いです。

朝食の時間まで、焼岳、穂高連峰の朝焼けの写真を撮影しました。


星空

【04:04:21】 方向-北
↑↑ 【04:04:21】 方向-北 ↑↑
中央やや左に北極星、前穂高岳の上に北斗七星


【04:05:22】 方向-北西
↑↑ 【04:05:22】 方向-北西 ↑↑
左側に天の川が見えています


【04:10:06】 方向-南
↑↑ 【04:10:06】 方向-南 ↑↑
中央にオリオン座、右側の星の塊りは牡牛座、左下の明るい星はシリウス


【04:12:34】 方向-西
↑↑ 【04:12:34】 方向-西 ↑↑
右下から天の川、焼岳の上に牡牛座


【04:53:33】 方向-北
↑↑ 【04:53:33】 方向-北 ↑↑
露光時間は4分


【04:59:22】 方向-北
↑↑ 【04:59:22】 方向-北 ↑↑
露光時間は9分、空が明るくなったので中断しました。もっと早い時間に始めれば良かった。



流れ星
微かに写っているのがあと3枚ありました。カメラを向けていない方向でも幾つか見えました。

【04:01:22】 方向-北西
↑↑ 【04:01:22】 方向-北西 ↑↑
見えずらいですが、中央右側


【04:20:05】 方向-北
↑↑ 【04:20:05】 方向-北 ↑↑


【04:22:57】 方向-北西
↑↑ 【04:22:57】 方向-北西 ↑↑
中央上、中央下のは?



朝焼け

穂高連峰
↑↑ 穂高連峰 ↑↑


焼岳
↑↑ 焼岳 ↑↑


大正池からの気嵐が、湖畔に吹き寄せてきます。
冷たくなっているレンズフード、三脚、カメラに霜となって凍り付きます。
霜防止ヒーターを着けていたので、レンズが曇らずに撮影出来ました。
置いてあったザックの表面にも霜が降りていました。



田代池
朝食後は、急いで田代池へ向かいます。
陽の光が田代池へ射し込む前に、三脚を立てる場所を確保しなければなりません。
しかし、到着した時には三脚が並び人が一杯でしたが、端の方に何とか隙間を作って貰い三脚を立てることが出来ました。

焼岳
↑↑ 焼岳、帰りには綺麗さっぱりと霜は融けていました。 ↑↑


霜を纏ったカラマツ
↑↑ 霜を纏ったカラマツ ↑↑


胡蝶蘭
↑↑ 穂高連峰、霜が降りた湿原越しに晴天の下、スッキリと見えていました。 ↑↑


樹や草にびっしりと霜が降りています
↑↑ 樹や草にびっしりと霜が降りています ↑↑


山の陰から太陽が射して、霜が輝き始めました
↑↑ 山の陰から太陽が射して、霜が輝き始めました。 ↑↑


太陽が眩しい!
↑↑ 太陽が眩しい! ↑↑


葉や草の先が虹色にキラキラと光っています
↑↑ 写真では良く判りませんが、葉や草の先が虹色にキラキラと光っています。 ↑↑


まだ、霜は融けきってはいません
↑↑ まだ、霜は融けきってはいません。 ↑↑


田代池の流れに霜が映り込んでいます。
↑↑ 田代池の流れに霜が映り込んでいます。 ↑↑


カラマツが輝いています。
↑↑ カラマツが輝いています。 ↑↑



河童橋界隈

見事な黄葉
↑↑ 見事な黄葉 ↑↑


散り始めています
↑↑ 散り始めています ↑↑


黄色の絨毯
↑↑ 黄色の絨毯 ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

nice!(14)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

10-25 栂池、上高地 [撮影旅行]

4時30分に起床して、外へ出る準備をします。

小屋前の広場は、雪の表面が氷で被われて、歩くとバリバリと音がして良く滑ります。
自然園の中に入ると、木道の雪はサラサラで、滑る心配は無さそうです。
三脚を立て、カメラをセットして明るくなるのを待ちます。
時々強い風が吹き、体を持っていかれそうになります。

太陽の光が白馬連峰に当たり、モルゲンロートが始まりました。


栂池自然園

【05:13】 東の空には、金星
↑↑ 【05:13】 東の空には、金星、木星、火星が、地平線近くには水星が見えています ↑↑


【05:38】 空が白み始め
↑↑ 【05:38】 空が白み始め、白馬岳が見える様になりました ↑↑


【06:02】 白馬岳山頂
↑↑ 【06:02】 白馬岳山頂に太陽の光が射します ↑↑


【06:03】 白馬鑓ヶ岳
↑↑ 【06:03】 白馬鑓ヶ岳にも陽が当たります ↑↑


【06:05】 白馬連峰
↑↑ 【06:05】 白馬連峰が色付き始めます ↑↑


【06:06】 白馬岳のモルゲンロート
↑↑ 【06:06】 白馬岳のモルゲンロート ↑↑


【06:07】 白馬連峰のモルゲンロート
↑↑ 【06:07】 白馬連峰のモルゲンロート ↑↑


【06:14】 湿原に陽が射して来ました
↑↑ 【06:14】 湿原に陽が射して来ました ↑↑


【06:17】 赤味が取れてきました
↑↑ 【06:17】 赤味が取れてきました ↑↑


【06:32】 快晴の空に白馬連峰
↑↑ 【06:32】 快晴の空に白馬連峰 ↑↑



栂池ヒュッテからの展望
前回(2013年)訪れた時は、白馬連峰は全く見えませんでした。
宿の人によると、月に一回あるかないかの良い天気だそうです。

小蓮華山
↑↑ 小蓮華山 ↑↑


白馬岳
↑↑ 白馬岳 ↑↑


鑓ヶ岳、杓子岳
↑↑ 鑓ヶ岳、杓子岳 ↑↑


爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五龍岳、唐松岳
↑↑ 爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五龍岳、唐松岳 ↑↑


駒ケ岳、北岳~荒川岳の南アルプス
↑↑ 駒ケ岳、北岳~荒川岳の南アルプス ↑↑


八ヶ岳連峰
↑↑ 八ヶ岳連峰 ↑↑


浅間山~湯ノ丸山
↑↑ 浅間山~湯ノ丸山 ↑↑


強風の為、ロープウェイが運休したので山麓まではバスで降りました。
急カーブの道を降りるバスの車窓からは、終始、北アルプスの姿が見えていました。

白馬大橋

白馬連峰
↑↑ 白馬連峰 ↑↑


鹿島槍ヶ岳、五龍岳
↑↑ 鹿島槍ヶ岳、五龍岳 ↑↑



青木湖
湖畔まで降りて白馬連峰全体が撮れる唯一のポイント

白馬連峰
↑↑ 白馬連峰 ↑↑



鹿島槍スキー場
昨日も訪れた撮影ポイントですが、午前中の光で周りの山々はスッキリと見えます。

鹿島槍ヶ岳
↑↑ 鹿島槍ヶ岳、靄が無く、雪の付いた荒々しい姿を撮れました ↑↑


爺ヶ岳
↑↑ 爺ヶ岳 ↑↑


鹿島槍ヶ岳
↑↑ 鹿島槍ヶ岳 ↑↑



大正池
さすがに午後も遅くなり、日帰り客の姿も無く、静かな湖畔となりました。

焼岳と赤く染まる雲
↑↑ 焼岳と赤く染まる雲 ↑↑


赤い穂高連峰が池に映り込む
↑↑ 赤い穂高連峰が池に映り込む ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

10-24 栂池へ [撮影旅行]

10月24~26日、クラブツーリズムの撮影ツアーで、栂池、上高地へ行って来ました。
同行の講師は、山岳写真家の菊池哲男さんです。

クラブツーリズムの撮影ツアーは始めての参加でしたが、
ニコンカレッジでの菊池先生の撮影実習には何度も参加していましたので、どの様な撮影になるかは容易に想像出来ました。
さらに集まった参加者23名の半数近くに知った顔を見付け、撮影ツアーを楽しみ事が出来ました。

初日の夕方には天気が崩れる予報なので、天気が良い間にと、鹿島槍の見えるスキー場へ回りました。


鹿島槍スキー場
鹿島槍ヶ岳が見える奥の駐車場までバスを進めました。

鹿島槍ヶ岳
↑↑ 黄葉したカラマツ林を前景に、鹿島槍ヶ岳 ↑↑
翌日にも同じ場所から撮りましたが、一晩でガラッと印象が変っていました。【お楽しみに!】


楓の樹
↑↑ 真っ赤に紅葉した、楓の樹 ↑↑
駐車場の周りで紅葉した楓はこれ1本でした。


枯れ尾花
↑↑ 黄葉を背景にした枯れ尾花 ↑↑
太陽の光を浴びて輝いていました。



ロープウェイ駅
ゴンドラからロープウェイへ乗り換える駅の裏側斜面で撮影

小蓮華山
↑↑ 小蓮華山をバックに昇って行くゴンドラ ↑↑
天気の悪化を予感させるような雲が広がって来ました。


立ち枯れた岳樺
↑↑ 立ち枯れた岳樺と青空と雲 ↑↑


白い幹の岳樺の林
↑↑ 葉を落とし白い幹の目立つ岳樺の林 ↑↑


ナナカマドの実
↑↑ 赤く色付いているナナカマドの実 ↑↑



休憩後、撮影に出ようとすると『雨が降ってきた』と、菊池先生が外から戻って来られました。

東の空には月が見えていましたが、食事が終わる頃には見えなくなっていました。
夜中に外の様子を見に行った人によると、吹雪いているとのことでした。


Nikon D4
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10-19 東京ゲートブリッジ [ニコンカレッジ]

10月19日、再度、東京ゲートブリッジへ行って来ました。
テーマは、『夜の東京ゲートブリッジ、ムーン、サターンのランデブーを撮る!』です。

天気はまずまずでしたが、地平線近くに雲が在り土星が見えませんでした。
土星とのランデブー写真は諦めて、月とゲートブリッジを比較明合成しようと、インターバル機能を使い1回に付き連続で300枚を撮影します。


通常の写真

ゲートブリッジの歩道から
↑↑ ゲートブリッジの歩道から ↑↑


真下に潜り込んで
↑↑ 真下に潜り込んで ↑↑


夕日と絡めて
↑↑ 夕日と絡めて ↑↑


落日
↑↑ 落日 ↑↑


黄昏時
↑↑ 黄昏時 ↑↑


宇宙(そら)に向かって
↑↑ 宇宙(そら)に向かって ↑↑


向き合う恐竜
↑↑ 向き合う恐竜 ↑↑



比較明合成写真

比較明合成写真_1
↑↑ 比較明合成写真_1 ↑↑


比較明合成写真_2
↑↑ 比較明合成写真_2 ↑↑


比較明合成写真_3
↑↑ 比較明合成写真_3 ↑↑


比較明合成写真_4
↑↑ 比較明合成写真_4 ↑↑


比較明合成写真_5
↑↑ 比較明合成写真_5 ↑↑


比較明合成写真_6
↑↑ 比較明合成写真_6 ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G (Special Edition)
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10-16 東京ゲートブリッジ [ニコンカレッジ]

10月16日、ニコンカレッジの撮影実習で、東京ゲートブリッジへ行って来ました。
テーマは、『夜の東京ゲートブリッジ、ムーン、サターンのランデブーを撮る!』です。

曇時々雨の天気予報だったので、ニコンに確認の電話をすると、実施するとのことで、雨対策をして行きました。
羽田を飛び立った飛行機の音は聞こえるが、機影も見えない低い雲で、星、月の姿はまったく見えません。
とりあえず、東京ゲートブリッジを撮ることにしました。


若洲側トランス

若洲側トランス


若洲側トランス


若洲側トランス



東京の夜景

有明方面
↑↑ 有明方面 ↑↑


東雲方面
↑↑ 東雲方面 ↑↑



ゲートブリッジ全景

ゲートブリッジ全景
↑↑ ゲートブリッジ全景 ↑↑
ライトアップの光が、上空の低い雲を浮かび上がらせています。



ホワイトバランスのテスト

晴天 曇天
晴天 曇天
.
晴天日陰 オート1
晴天日陰 オート1
.
温白色蛍光灯 白色蛍光灯
温白色蛍光灯 白色蛍光灯
.
昼白色蛍光灯 昼光色蛍光灯
昼白色蛍光灯 昼光色蛍光灯
.
見た目の印象に一番近いのは、曇天です。


19日の天気予報は良さそうなので、月と土星のランデブーはありませんが、再度、挑戦です。


Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

10-06~08 尾瀬の実と花 [尾瀬]

尾瀬沼、燧裏林道、尾瀬ヶ原で見掛けた実や花の写真です。

ゴゼンタチバナ【ミズキ科】
↑↑ ゴゼンタチバナ【ミズキ科】 ↑↑


マイヅルソウ【ユリ科】
↑↑ マイヅルソウ【ユリ科】 ↑↑


ナナカマド【バラ科】
↑↑ ナナカマド【バラ科】 ↑↑


ムシカリ(オオカメノキ)【スイカズラ科】
↑↑ ムシカリ(オオカメノキ)【スイカズラ科】 ↑↑


オゼヌマアザミ【キク科】
↑↑ オゼヌマアザミ【キク科】 ↑↑


Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10-08 尾瀬ヶ原 [尾瀬]

3日目
4:30の携帯電話のアラームで起床します。
防寒具を着込み、撮影機材を持って撮影場所へ向かいました。


朝焼け

太陽が昇る時間になっても雲が取れません
↑↑ 太陽が昇る時間になっても雲が取れません ↑↑
龍宮小屋の灯りが見えています。



龍宮小屋~上田代
食事が終わる頃、にわか雨が降りましたが、陽も射しています。
雨が本降りになる前にと、龍宮小屋を後にしました。

至仏山(龍宮小屋前より)
↑↑ 至仏山(龍宮小屋前より) ↑↑


陽が差し込む
↑↑ 陽が差し込む ↑↑


拠水林、浮び上る
↑↑ 拠水林、浮び上る ↑↑


拠水林、浮び上る
↑↑ 拠水林、浮び上る ↑↑


下ノ大堀の白樺
↑↑ 下ノ大堀の白樺 ↑↑


未だ、頂上見えず
↑↑ 未だ、頂上見えず ↑↑


牛首、輝く
↑↑ 牛首、輝く ↑↑


拠水林、浮び上る
↑↑ 拠水林、浮び上る ↑↑



上田代~鳩待峠
逆さ燧の池塘まで来た時、雨が降り始めました。慌てて雨具を着始めると、雹も混じりぱらぱらと音がします。
山ノ鼻の休憩所まで急ぎます。休憩後、鳩待峠へ向かいましたが、途中、雹混じりの雨は強くなったり弱くなったりと、止むことはありませんでした。


草花の写真へ続きます。


Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10-07 燧裏林道、尾瀬ヶ原 [尾瀬]

2日目
御池から龍宮小屋まで、写真を撮りながら燧裏林道を歩きます。予定では7時間30分の長丁場です。


御池~赤田代

上田代
↑↑ 上田代 ↑↑


平ガ岳(裏燧橋より)
↑↑ 平ガ岳(裏燧橋より) ↑↑



赤田代~東電小屋

至仏山(赤田代より)
↑↑ 至仏山(赤田代より) ↑↑


至仏山~アヤメ平(東電小屋分岐より)
↑↑ 至仏山~アヤメ平(東電小屋分岐より) ↑↑


東電尾瀬橋へ
↑↑ 東電尾瀬橋へ ↑↑


只見川沿いの紅葉(東電尾瀬橋より)
↑↑ 只見川沿いの紅葉(東電尾瀬橋より) ↑↑



東電小屋~ヨッピ橋

ヨシッ堀田代
↑↑ ヨシッ堀田代 ↑↑


景鶴山頂
↑↑ 景鶴山頂 ↑↑



ヨッピ橋~龍宮小屋

ヒツジグサの紅葉(竜宮十字路)
↑↑ ヒツジグサの紅葉(竜宮十字路) ↑↑


寺ヶ崎の紅葉
↑↑ 寺ヶ崎の紅葉 ↑↑



3日目へ続く


Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(12)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

10-06 尾瀬沼 [尾瀬]

10月6~8日、尾瀬沼、尾瀬ヶ原へ行って来ました。

今回は、燧裏林道を歩こうと、新潟県側から入りました。
2010年以来、久しぶりに裏燧を歩きます。


1日目
-(新幹線)-浦佐-(バス)-奥只見ダム-(船)-尾瀬口-(バス)-沼山峠
自宅の最寄駅から5時間30分掛かりましたが、沿線の風景、紅葉を楽しむことが出来ました。
ダム周辺の紅葉は、これからのようでした。


奥只見ダム
↑↑ 奥只見ダム ↑↑


荒沢岳
↑↑ 荒沢岳 ↑↑


双二峰の燧ケ岳
↑↑ 双二峰の燧ケ岳 ↑↑



沼山峠~尾瀬沼
草紅葉はピークを過ぎ茶色になっていましたが、木の紅葉には丁度良いように感じました。


沼山峠から尾瀬沼
↑↑ 沼山峠から尾瀬沼 ↑↑


レンゲツツジの紅葉
↑↑ レンゲツツジの紅葉 ↑↑


無料休憩所裏より
↑↑ 無料休憩所裏より ↑↑


黄葉が始まる三本カラマツ
↑↑ 黄葉が始まる三本カラマツ ↑↑


釜ツ堀湿原より
↑↑ 釜ツ堀湿原より ↑↑



2日目に続きます。


Nikon 1 V3
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM

Nikon D4
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

10-03 総武本線・物井~佐倉 [ニコンカレッジ]

10月3日、ニコンカレッジの撮影実習で、総武本線・物井~佐倉へ行って来ました。
テーマは、『鉄道の魅力に迫る!』で、講師は鉄道写真家・助川康史さんです。

前日までの天気とは打って変わって、青空が広がる良い天気の元、撮影することが出来ました。
通称「モノサク」といわれる撮影場所で、既に撮り鉄さんが陣取っていました。
NEXを撮りに新潟から来ているとのことでした。


編成写真

【15:02】下り・貨物列車
↑↑ 【15:02】下り・貨物列車 ↑↑


【15:14】下り・総武快速
↑↑ 【15:14】下り・総武快速 ↑↑


【15:18】上り・総武各停
↑↑ 【15:18】上り・総武各停 ↑↑


【17:43】上り・NEX
↑↑ 【17:43】上り・NEX ↑↑



流し撮り写真

【16:15】下り・総武快速
↑↑ 【16:15】下り・総武快速 ↑↑


【16:20】上り・総武各停
↑↑ 【16:20】上り・総武各停 ↑↑


【16:28】上り・総武快速
↑↑ 【16:28】上り・総武快速 ↑↑


楓
↑↑ 【16:28】上り・総武快速 ↑↑


【16:29】下り・総武各停
↑↑ 【16:29】下り・総武各停 ↑↑


【16:44】上り・NEX
↑↑ 【16:44】上り・NEX ↑↑


【16:44】上り・NEX
↑↑ 【16:44】上り・NEX ↑↑


【16:44】上り・NEX
↑↑ 【16:44】上り・NEX ↑↑



鉄道風景写真

【15:58】下り・総武各停
↑↑ 【15:58】下り・総武各停 ↑↑


【16:06】下り・NEX
↑↑ 【16:06】下り・NEX ↑↑



鉄道イメージ写真

【15:41】上り・NEX
↑↑ 【15:41】上り・NEX ↑↑


【16:48】上り・総武各停
↑↑ 【16:48】上り・総武各停 ↑↑


【16:50】下り・総武各停
↑↑ 【16:50】下り・総武各停 ↑↑


【16:59】下り・総武各停
↑↑ 【16:59】下り・総武各停 ↑↑


【17:07】下り・NEX
↑↑ 【17:07】下り・NEX ↑↑


【17:10】上り・NEX
↑↑ 【17:10】上り・NEX ↑↑


【17:12】上り・総武快速
↑↑ 【17:12】上り・総武快速 ↑↑


Nikon D4
AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED
AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(17)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。